検索

羽鳥の森 月報201901号


羽鳥の森 月報2019年01月号です。

ご利用者様、ご家族様、地域の皆様には

平素より大変お世話になっております。

羽鳥の森事務局です。

当月も羽鳥の森月報が発行されました。

羽鳥の森ののんびりライフをお楽しみください。


羽鳥の森月報2019年01月号のコンテンツです。

「謹賀新年」

謹んで新春をお祝い申し上げます。 旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 業界にとっても暗い世相が続く世の中ですが、館内は明るく努めたいと思う所存でございます。今年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 本年も皆様のご多幸を心からお祈り申し上げます。

平成三十一年 元旦

「クリスマス会」

12月9日は羽鳥の森のクリスマス会でした。

午前中は大川小中学校の音楽部の生徒様がミニコンサートを実施しました。

午後は各フロアに分かれてクリスマスイベントを実施。

各フロアが趣向を凝らしたイベントを行いました。

また当日のおやつは手作りのケーキ!

美味しそうなケーキが並びました。

「デイサービスセンター羽鳥の森 365日 クリスマスケーキ」

クリスマス会ではデイサービスも手作りケーキを披露!可愛いケーキができました!

コラム緑陰「コセンダングサ」

紅葉が盛りとなる間もなく色褪せていく山の装い。 今年の夏は間違いなく猛暑でありましたが、冬はどうでしょう?

熱いような寒いような、なんともぼんやりした季節です。

そのような季節の影響なのか、今年の冬はいつもと異なる景色、野花を多く見かけた気がします。

特に印象的だったのが、コセンダングサ。

コセンダングサという名前に聞き覚えがない方でも、

その種子が花火のような形でその一つずつが鈎状の先端をしており、

洋服などにくっつくことから「ひっつき虫」と呼ばれているといえば、

お分かりになるのではないでしょうか。

花は黄色い火花のよう、枝は節々が屈折した稲妻のよう、花の咲いた後の種子は花火のよう。

これが大量に咲く様は夏の夜空の花火の様に圧巻です。

種など撒かずとも勝手に生えてくる雑草と雖も、年によって旺盛に繁茂する種属は異なります。

雑草の中で熾烈な生存競争が繰り広げられているのです。

「雑草という名前の草はない」とは日本植物学の権威、牧野富太郎博士の言葉。

そんな言葉を思い返して「今年の風景」を眺めると熾烈な競争を勝ち抜いて繁栄を極めたコセンダングサのなんと誇らしげなこと。

----------------------------------------------------------------------------------------------

羽鳥の森月報は羽鳥の森の正面玄関で無料配布中です。

ご希望の方は施設までご連絡下さい。(TEL 054-277-3750)

【特別養護老人ホーム 羽鳥の森】

実施主体 社会福祉法人 珀寿会

〒421-1215

静岡県静岡市葵区羽鳥七丁目6番38号

TEL 054-277-3750

FAX 054-277-3751

羽鳥の森では介護職員を募集しております。

職員募集ページはこちら

【羽鳥の森 職員募集】

社会福祉法人のしっかりした福利厚生制度が魅力です♪

特別養護老人ホーム、ショートステイ(短期入所)、デイサービス(通所介護)のご利用相談を承っております。

介護の困ったこと相談も併せてお受付しております。

お気軽にご連絡下さい。

https://www.hakuju-kai.com/


#羽鳥の森

26回の閲覧

Copyrights© 2007 by 社会福祉法人珀寿会

〒410-0011静岡県沼津市岡宮字下松沢1417番地の1

All rights reserved.