検索

花より団子(羽鳥の森月報201901号コラム)

最終更新: 2月24日


早咲きの寒桜も梅も咲き始めました。

春めいて美しい季節です。

たっぷりと花見で目の保養をした後はやっぱり「花より団子」

今回のコラムは静岡県内の美味しい「お団子」について調べましたよ!

まずは西から遠州三山にちなんだお団子です。

「法多山名物厄除け団子」


(画像は公式サイトからの借り物です。)

法多山のお土産として定番のお団子ですね。

一つの塊に串が五本刺さっています。 これを「カサ」と言います。 法多山のお茶屋さんで2カサ200円で売っています。

お持ち帰りのお土産では6カサ600円、12カサ1200円で売られています。

1カサ100円と金額も良心的ですね。

そして知る人ぞ知る「お茶湯日」には1日限定「お茶だんご」が売られています。

毎月1日ずつある「お茶湯日」についてはホームページで確認して下さい。

法多山名物厄除け団子企業組合ホームページ

http://www.hattasan-dango.com/

ホームページには春限定さくら団子の紹介などもされています。

また11月3日文化の日には全国の有名団子を集めた「団子まつり」を開催。

大変賑わう行事となっています。

法多山名物「厄除け団子」

静岡県袋井市豊沢2777

そして次も同じく遠州三山から。

可睡斎参道にある瀬川屋の「よもぎあんこ」です。


(画像は食べログからの借り物です)

小ぶりのヨモギ団子に波型にこし餡が乗っています。

見た目も綺麗ですね。

団子を焼いていますので風味も良いです。

なんと美味しそうな。

可睡斎と言えば1200体のひな人形を展示する「ひな祭り」や2000個の風鈴を吊るす「風鈴まつり」など

派手な行事が多い事でも知られます。

可睡斎に参拝した折には是非とも食べたい一品です。

他にも瀬川屋さんには「よもぎきなこ」「みたらし」「ごまみそ」など各種団子が売られています。

金額は1本90円~100円です。

可睡斎の御団子屋さん

瀬川屋 「よもぎあんこ」

静岡県袋井市久能2952-4

さて、次は静岡市のお団子屋さんです。

まずは写真をご覧ください。


(写真は食べログからの借り物です。)

団子が皮に包まれています。

これは静岡浅間通りにある有名店「河内屋」の「あん巻」です。

河内屋と言えば焼きたてどら焼きを販売していることで知られています。

どら焼きが看板商品でおひとり様五個までしか買うことはできません。

どら焼き以外にもこんな名物があるんですね。

どら焼きと合わせてご購入下さい。

あん巻 1本160円。

一人限定五個のどら焼きが有名なお店

河内屋「あん巻」

静岡県 静岡市葵区 馬場町 12-1

次のお店は河内屋さんからも近く歩いて行ける距離です。


(写真は食べログからの借り物です)

団子専門店「仁志乃」です。

創業は1951年から。

注文を受けてからお団子を焼き始めるため、いつでもアツアツのお団子が楽しめます。

また団子専門店だけにメニューが多く、写真は「いそべ団子」に「磯とろろ」。

磯ふぶきはとろろ昆布が乗っています。

他のメニューは「みたらし」「草やき」などの定番を始めに

「ごまみつ」「七味しょうゆ」「ごましょうゆ」と言った珍しい味の団子も作っています。

静岡で団子と言えば仁志乃。

食べずに団子は語れません。

1本110円。

静岡市の団子専門店

仁志乃 (にしの)「草やき団子」

静岡県静岡市葵区車町6

次は静岡県東部の団子です。


草団子に変な形のあんこが乗っています。

「リーゼント」と揶揄されておりますが、公式情報によると「烏帽子」を模した形とのこと。

三嶋大社の名物「福太郎」です。

独特の形と味に間違いのない「ヨモギ」の風味で人気があります。

神社系のお土産団子として「赤福」とかぶっていますが、

福太郎はなんと言っても「天然ヨモギ」味ですから、味は一枚上手のはず!

境内のお茶屋さんで200円で楽しめます。

お土産品として1箱950円で売られています。

三島を代表する土産品として三島駅周辺のお土産コーナーでも売っています。

三嶋大社名物

福太郎本舗「福太郎」

静岡県三島市大宮町2-1-5 三嶋大社境内

そして伊豆のお団子も一つご紹介。


(写真は和楽さんのホームページからの借り物です)

知る人ぞ知る名店。

伊豆は修善寺、修善寺駅の裏手にある和菓子屋さん、「和楽」さんです。

和楽さんのお団子は「よくばり団子」。

みたらし団子の中に「こしあん」が入っています。

現在、こしあん入りみたらし団子は

・たこまん「あまから団子」

・ロリエたこまん 「駿河団子」

・雅心苑「雅心団子」

と多く販売されておりますが、和楽の団子は「柔らかさ」が違います!

「とろけるような柔らかさ」と例えられる瑞々しさ。

是非、一度食べておきたい味ですね。

こし餡入りみたらし団子の名店

和楽「よくばり団子」

伊豆市柏久保1355

(修善寺駅裏)

と、今回のコラムは「花見に持っていきたい静岡の団子特集」でした。

是非、ご賞味下さい。

他にもおすすめのお団子屋さんがあったら教えて下さい!

#羽鳥の森

20回の閲覧

Copyrights© 2007 by 社会福祉法人珀寿会

〒410-0011静岡県沼津市岡宮字下松沢1417番地の1

All rights reserved.