検索

羽鳥の森 月報201811号


羽鳥の森 月報2018年11月号です。

ご利用者様、ご家族様、地域の皆様には

平素より大変お世話になっております。

羽鳥の森事務局です。

当月も羽鳥の森月報が発行されました。

羽鳥の森ののんびりライフをお楽しみください。


羽鳥の森月報2018年11月号のコンテンツです。

「ハロウィンのおまつり」

10月31日、羽鳥の森ではハロウィンを記念してささやかなイベントを行いました。 館内を仮装した職員が練り歩きます。 各ユニットを回って皆さんとともに唄うのは「真っ赤な秋」。元気な歌声が館内に響きます。歌い終わった後には皆様にお菓子のプレゼントをどうぞ!楽しいハロウィンのイベントとなりました。

【ハロウィン】

秋の収穫を祝って、行ったお祭り。

魔除けのためにお化けの仮葬を行う。

お化けになった子どもたちが「trick or treat」とお菓子をねだることができる。

「デイサービスセンター羽鳥の森 365日 ブドウ狩り」

デイサービスの10月の外出レクはブドウ狩りできした。すっかり熟したブドウを狩ってみんなで食べました。美味しかったですね!

コラム緑陰「クサギ」

先日のこと、施設の駐車場に出た時のことです。

山の斜面に奇妙な「花」が咲いている箏に気が付きました。

花の特徴は「赤いヒトデみたいな花の真ん中に黒い実が付いている。」形がヒトデで色の対比は赤と黒。

ちょっとおどろどろしい様子です。

これだけで、「ああ、あれだな」と名前が分かった方はお詳しい方ですね。

調べてみるとこれは「クサギ」という樹木であるそうです。

名前の由来は葉の部分に臭気があることから。臭い木でクサギ。

そして花に見えた赤いヒトデは結実した時の「がく」なのだそうです。

インターネットには白い花が掲載されていました。花の形はクチナシに似ています。

なんとも怪しい雰囲気をまとった木ですが、

更に調べてみるとこの黒い実は染料として用いられているそうです。

実を集めて煮た汁に布を浸すと明るい空色に染色されるとのこと。

通常の草木染めは媒染と云って発色を良くするための媒介が必要ですが、クサギの場合は無媒染で布を染めることができる貴重な染料だと説明されていました。

なんにでも利用方法ってあるんですね、と感心することしきりです。

ちなみにクチナシに似る白い花は、ジャスミンのような良い香りがするそうです。

意外性に富んだ植物ですね。ご興味を持たれた方は施設の駐車場で探してみて下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------------

羽鳥の森月報は羽鳥の森の正面玄関で無料配布中です。

ご希望の方は施設までご連絡下さい。(TEL 054-277-3750)

【特別養護老人ホーム 羽鳥の森】

実施主体 社会福祉法人 珀寿会

〒421-1215

静岡県静岡市葵区羽鳥七丁目6番38号

TEL 054-277-3750

FAX 054-277-3751

羽鳥の森では介護職員を募集しております。

職員募集ページはこちら

【羽鳥の森 職員募集】

社会福祉法人のしっかりした福利厚生制度が魅力です♪

特別養護老人ホーム、ショートステイ(短期入所)、デイサービス(通所介護)のご利用相談を承っております。

介護の困ったこと相談も併せてお受付しております。

お気軽にご連絡下さい。


#羽鳥の森

0回の閲覧

Copyrights© 2007 by 社会福祉法人珀寿会

〒410-0011静岡県沼津市岡宮字下松沢1417番地の1

All rights reserved.